初めての人は知っておきたい!賃貸をするときの部屋探しの注意点

探す前に住みたい部屋のイメージをしておく

部屋探しをする前に、自分はどのくらいの家賃のどんな部屋に住みたいのかをイメージしておくことが大事です。例えば駅から徒歩10分以内の場所に住みたいとか、部屋の間取りはこのようにしたいなどのイメージがあれば、部屋を探す際に理想のお部屋に出会う確率が高くなります。また、具体的なイメージをしておくことで、賃貸の相談をする際に相手の人に「自分はどんな部屋に住みたいのか」が伝わりやすくなり、部屋を探す時間を短縮することができます。

契約する前に実際に部屋を見に行く

実際に契約してしまうと、騒音や間取りなどで不都合が起きた場合にすぐに引っ越すことは難しいので、契約の前には一度は部屋を実際に見に行くことが重要です。2年契約などで契約した場合、途中で退去すると料金を取られる場合もありますので、実際に部屋を見に行き、自分で納得してから契約することが大切です。また、可能な場合は一度ではなく昼や夜など曜日や時間帯を変えて何度か部屋を見に行くと、より住居後のトラブルを少なくすることができるでしょう。

部屋だけでなく周りの環境にも注意する

部屋を選ぶ際には間取りだけでなく、周りの環境にも注意することが大切です。例えば、コンビニが一階にあるアパートでは、夜遅くまで電気がついていたり人の声が聞こえることがあるので注意が必要です。また、賃貸をするマンション・アパートの下水道やインターネット環境なども考慮に入れることも重要です。地方などでは下水道やインターネットが配備されていないことがあるので、水道料金が高く感じたり、自分でネット環境を整えたりしなければならないアパートもあるので、契約の際にはそのような事にも気を付ける必要があります。

帯広の賃貸マンションは、駅から近い場所にあるので、通勤や通学をするときにとても便利になる賃貸マンションです。