何を基準に?不安多き時代の中古マンション選び

リフォーム済み物件はその施工内容を確認して

中古マンションの中でも特に、自ら購入後にリフォームの手を加えなくても済むリフォーム済みの物件は人気が高いものです。あまり事前知識が無い状態で購入したとしても、入居時の部屋の綺麗さはやはり感動的なものですし、好印象を持たれるのも当然でしょう。ですがここで問題となるのはそのリフォームが見た目のみ重視の表面的な部位で留まっているケース。これでは住んでいるうちの経年劣化も早く、ガタも早く来てしまうもの。出来れば契約前にリフォームの施工内容を不動産業者に伺い、深層からしっかり施工が行われているかをしっかり確認する事が大事です。

物件数は少なくともお得な新古マンション

数多く出回るマンション物件の中でそれ程多く目にする機会はありませんが、仮に見つける事が出来れば新古マンションのお得感は大変捨て難いものとなるでしょう。新古マンションは建築し販売されたものの、分譲開始から1年以上経過し売れ残ってしまった物件の事を指します。住環境やマンションとしての機能は新築時から殆ど変わらず、また俗に言う訳あり物件の様な怪しさも無い為、安心して購入する事が出来るものです。もちろん新古マンションは新築分譲時よりも価格面で割安となっているケースが多く、これならよりお得感が得られますよね。

建物の基礎がしっかりしている築5年以内の物件を

新築から5年以内のマンション物件を一般に「浅築物件」と呼びますが、中古マンション物件はこれらの条件内に素晴らしい物件が集中しているものです。5年以内であれば建物の基礎もしっかりしている他、各物件のインテリアも経年劣化がそれ程進んでおらず、加えてリフォームやリノベーションといった後から手を加えるケースも少ないもの。物件に対する事前調査を綿密に行う手間も比較的省け、契約までの様々な煩わしさも少なくて済むのです。ただこういった有料中古物件は売約が掛かるペースも早く、そうそう条件の良い物件にお目に掛かれるという訳ではありません。多少妥協して築10年前後まで守備範囲を広げるのが最も理想的でしょう。

札幌のマンションは物件の数が多いので、選択肢が豊富というメリットがあります。不動産会社のホームページを閲覧する時は、希望の間取りやエリアを明確にしながら探しましょう。