外壁塗装!やる前にこれだけは知っておこう

外壁塗装はなぜ必要か

家を建てて10年くらい経過すると新品で取り付けられていた外壁も次第に劣化していき防水性能が失われていきます。防水性のが失われると、家の内部に湿気が回ります。それを防ぐのが外壁塗装です。外壁塗装することにより、失われてきた防水効果を蘇らせてやるのです。屋根の塗替えと同様に外壁も塗り替えが必要になります。外壁の塗替えは、防水効果が失われてくるタイミングでやるのが効果的で、後に余分な出費が発生しません。

外壁塗装の方法による長所と短所

外壁塗装のやり方は一般的にはローラーで塗る方法と吹き付ける方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。吹付けは仕上げの模様が豊富で、仕上がり面が綺麗、施工が早く進むというメリットがありますが、塗料が飛散しやすいので十分な養生が必要、塗料が飛散するのでより多くの塗料が必要、凸凹した面には塗料が入りにくいので適さないなどのデメリットがあります。一方、ローラーで塗る方法は吹付けと比べて塗料に無駄がない、凸凹にも対応可能というメリットと、施工に時間がかかる、吹付けに比べると模様が少ないというデメリットがあります。

外壁塗装の材料による違い

外壁塗装に使う塗料は材質によって価格、耐久性が違います。一般的な耐久年数をコストが低いものから順に挙げると、アクリル系が約4年、ウレタン系が約6年、シリコン系が約13年、フッ素系が約18年となります。さらに高機能品としては、遮熱塗料が18年、光触媒塗料が20年となります。種類が多いのでどれを使えばよいか迷ってしまいます。将来の生活設計によって耐久年数と価格を考慮すれば良いのですが、迷った場合にオススメなのがシリコン系の塗料と言われています。価格と耐久性のバランスが良いので多くの人がシリコン系を選択しています。

外壁塗装を千葉で依頼することを予定しているならば、まずは工期や料金について見積書を提出してもらうことが重要です。